安全で痛くない医療脱毛!銀座エリアの有名クリニックをご紹介!

医療脱毛後に行うべきアフターケア

医療脱毛後に行うべきアフターケア

医療脱毛した後のアフターケアとはどんなものでしょうか。
実は医療脱毛もサロン脱毛も脱毛後のケアについて、その場で行ってくれるものと自宅で行うケアがあります。
自宅で行うケアについてはしっかりと脱毛クリニックで指導してくれるはずです。
そこでここでは気になる医療脱毛後のアフターケアについて解説しましょう。
医療脱毛とエステ脱毛の違いがあるとは聞いていますが、ケアも違うのでしょうか。
医療脱毛が気になっている方は必見です。

 

医療脱毛の後のアフターケア

クリニックで脱毛した後は脱毛した直後か後に必ず何かしらの指導を受けているはずです。
人によってはクリニックで照射した後に冷やすということを行ってくれるので忘れてしまう方もいます。
本来はレーザー脱毛の施術を受けた後、レーザーを照射した部位をそのままにしておくのは肌のダメージを引きずってしまいます。
脱毛の施術後は、肌にレーザーによるダメージを残さないように、炎症や肌荒れ防止のためにもアフターケアを行うことは大変重要になってきます。
そして正しくケアすると、脱毛の効果をより実感することが可能になります。
きちんとアフターケアするとツルスベの肌を実感できます。
以下に医療脱毛した後の5つのアフターケアの方法を記しました。
順番にご覧ください。

脱毛当日はシャワーだけにとどめておく

脱毛を行った当日はレーザーの熱が肌に残っています。
いわば肌が軽い火傷を負っているような状態になっています。
そのため、熱い湯船に浸かったりすると体温が上がって、炎症やかゆみになることがあります。
できればシャワーだけで済ませるようにします。
どうしてもほてるようなら、必ず保冷剤などをタオルに巻いて脱毛した箇所をしっかり冷やすようにしましょう。

日焼けには注意しましょう

レーザーによる脱毛は毛乳頭を破壊しますが、同時に毛の周辺組織もダメージを受けるのでいつもよりも敏感になっています。
その肌に少しでも紫外線を浴びるとシミや炎症を起こやすい状態になります。

紫外線は1年中降り注いでいるので日焼け対策をしてください。

また焼いてしまうと次の施術はできないということもあります。
メラニンに反応するレーザーに日焼け肌は向いていません。
脱毛後は日焼け対策を十分行い、紫外線から肌を守りましょう。

脱毛後は保湿をしっかり行う

脱毛直後は熱により肌の水分が奪われます。
そして乾燥して敏感になっています。
脱毛後は自宅でも化粧水やクリームで十分保湿します。
乾燥を防ぐことが大切です。
そして肌のバリア機能が乾燥で衰えていると、刺激に弱くなります。
その結果レーザーの痛みを感じやすくなってしまうので普段から保湿は十分に行いましょう。
これは脱毛当時だけでなく、脱毛期間はずっと続けておくとよいでしょう。

赤みや炎症には軟膏を塗る

レーザーの熱による刺激で、脱毛後、毛穴周りに赤みや炎症が場合もあります。
しかしこのような赤みや炎症は、クリニックが処方する軟膏で抑えられます(処方してくれます)。
施術後に赤みや炎症が気になる方はクリニックに伝えて処方してもらいます。
塗っても改善しないならすぐ連絡したほうが良いでしょう。

ムダ毛の処理は電気シェーバーを使う

医療脱毛でレーザー照射後は、3週間以内に自然に毛が抜けるようになります。
本当は自然に抜けるのを待ちたいのですが、どうしても生えかけの毛が気になる方もいます。
その場合は自己処理しても問題ありませんが、毛抜き、かみそりはNGです。
毛抜きで抜くとレーザーが反応する毛が見当たらなくなるのでまずいということです。
また普通のかみそりだと肌へのダメージが大きくなります。
特に脱毛をしている肌にかみそりは肌表面を傷つけるだけでなく、乾燥がひどくなることもあります。
そのために電気シェーバーを使ってお手入れしてみてください。