安全で痛くない医療脱毛!銀座エリアの有名クリニックをご紹介!

医療脱毛とエステ脱毛の痛みの度合い、どれくらい違う?

医療脱毛とエステ脱毛の痛みの度合い、どれくらい違う?医療脱毛とエステ脱毛の違いを正確にご存知でしょうか?

脱毛を検討していても、医療脱毛とエステ脱毛の区別がわからないという方がいらっしゃいます。
実は医療脱毛とエステ脱毛は、効果・完了・回数・期間などもかなり違います。
気になるのが医療脱毛とエステ脱毛の痛みの度合いです。
どの程度違うのか調べてみました。
基本的な違いも含めてご紹介します。
脱毛で後悔しないためにもぜひ参考にしてください。

 

医療脱毛とエステ脱毛の違い

脱毛クリニックとエステ脱毛の区別が付いていない人も多いので、最初に整理しておきます。

○エステサロンと医療機関
サロン脱毛は脱毛ができるエステサロンを指しています。
一方、脱毛クリニックは脱毛ができる医療機関です。
脱毛クリニックと呼ばれるものには美容外科や美容皮膚科なども含まれています。

 

■光脱毛
サロン脱毛の光脱毛の仕組みは、毛根に少しずつダメージを与えることで、徐々に毛を細く目立たなくしてする方法です。
そのため1回で毛が生えなくなるということはありませんが、何度も施術を受けることで再生する毛が少しずつ細くなり最後には細い毛になります。
この方法だと何度も同じ毛根を照射するので、完了まで回数と時間がかかります。

 

■レーザー脱毛

一方で医療脱毛は医療レーザー脱毛が主流です。
脱毛用の医療レーザーには複数の種類があります。
また医療脱毛の仕組みは、レーザーの熱を照射して毛根の機能を停止させ、毛が再生できないようにする方法です。
そして1回の施術でも毛根が破壊されるので、たった1回で同じ個所の毛根は2度と生えないようになります。
もちろんこれも成長期に沿ってレーザーを当てるので、伸びてきた毛に有効ということもあります。
1回だけでは脱毛完了できませんが、終了すると永久脱毛することが可能です。
サロン脱毛より少ない回数や期間で終わらせることが可能です。

 

医療脱毛とエステ脱毛の痛みの度合いとは

医療脱毛は痛いという話を聞いたことがあるはずです。
それはレーザーの照射パワーが違うので、輪ゴムでパチンとはじく程度という方もいれば、あまりかんじないという人もいます。
これは人によって差があるようです。
もちろんエステ脱毛でも痛いという人もいます。

どちらも仕組みはメラニン色素に反応する方法なので、太い毛はチクっとする場合がありますが、耐えられないということはありません。
また回数を重ねると毛自体はうすくなってくるので痛みを感じることが少なくなります。
本当に痛いと感じる方は麻酔クリームというものを使って痛みを感じないように施術してくれます。

また場所によっても傷みを感じやすいところ、そうでないところがあります。
これは光脱毛も一緒の側面がありますが、光脱毛でも痛みを感じる方がいます。
これはメラニン色素に反応する点は一緒なので、痛みを感じることもあります。

 

○痛みの少ないマシンも
しかし医療脱毛で当初言われていた痛みに関してはかなりマシンが改良されたり、開発されることも多くなってきて、々に痛みがすくないマシンが登場するようになりました。

医療レーザー脱毛は痛みが強いイメージが従来ありましたが、最近は痛みが少ない機種も登場しています。
例えば蓄熱式のメディオスターやソプラノと呼ばれるマシンは、特に痛みが少ないと評判の機種になっています。
メディオスターと呼ばれるマシンはソプラノよりは痛みがあると言われています。
またライトシェアデュエットというマシンを採用しているクリニックも多いので、このマシンなら痛みが少ないので人気もあります。

最近ではエステ脱毛に負けないぐらい痛みを感じない医療脱毛が増えてきました。
これらを調べるなら口コミでどこの医療脱毛クリニックが痛みの少ない施術を可能にしているのかを事前に調べておくといいでしょう。
最近では医療脱毛も進化しているので期待できますよ。