安全で痛くない医療脱毛!銀座エリアの有名クリニックをご紹介!

医療脱毛は医師が常駐しているので万が一のトラブルも安心

医療脱毛は医師が常駐しているので万が一のトラブルも安心医療脱毛はクリニックによる脱毛方法です。
そのため何かトラブルがあっても常駐している医師がすぐ診察してくれるので安心して施術が受けられます。
一方でサロン脱毛は何かトラブルがあっても結局は提携クリニックの医師に診察してもらうことになります。
これは果たして安心できる状態なのでしょうか。
つまり医療脱毛とサロン脱毛の違いはいろいろありますが、結局のところ両方とも肌に負担がかかるということです。
そこでここでは医療脱毛の安心感についてお伝えします。
エステ脱毛と比較してみてください。

医療脱毛はサロン脱毛と違うということを理解しましょう

永久脱毛という施術は医療機関でのみで行える方法です。
そしてこれは医療機関以外で行うことは法律で禁止されています。
そして美容外科や美容皮膚科などの医療機関でのみ行うことのできる施術になっています。
つまり、医師が常駐・指導したクリニックで脱毛施術を行っているところだけが永久脱毛が可能になります。
一方でサロン脱毛という方法は毛の発育を遅らせる行為なので厳密にいうと脱毛施術にはなりません
そのために何年かしたらまた生えた、1年後に生えてきたという例もあります。
また何かトラブルがあっても医療機関ならすみやかに医師の診察やお薬などの処方が可能なので安心して施術が受けられます。

医療脱毛とエステ脱毛の違いを理解する

最近は街やインターネット、雑誌でも脱毛という言葉が使われた広告をよく目にすることがあります。
この時代は脱毛したいと考えたら、すぐネットで調べることができる便利な時代です。
しかし脱毛と一口に言っても、本当に脱毛行為なのでしょうか。

 

■永久脱毛ができるのは医療機関のみ!
先ほどもお伝えししたが、永久脱毛ができるのは医療機関のみです。
目先のお金が安いという理由でエステ脱毛を選んだら、

トータルで相当高くなった

いつまで経っても終わらない

という声をよく耳にします。
それはそのはずです。
永久脱毛ができるのは医療脱毛だけだからです。
もっと怖いのはエステ脱毛で使われている光脱毛というマシンです。
これはあくまで医療脱毛レーザーに似せた効果を出す光脱毛マシンです。
似ていますがレーザー脱毛マシンではありません。
これも方式が違うだのいろいろ説明されるはずですが、厳密には違うものです。
またメラニン色素に反応することや照射パワーが弱いとは言いますが、範囲が広くなります。
つまり医療脱毛で使われるレーザーはしっかりピンポイントで照射するのに対して、光脱毛は弱いけれど範囲が広めに照射します。
それでいて、何度も照射しなければなりません。

 

誰でもできる施術に不安はないか?

このように何度も照射することになると肌への負担はどうなるのでしょうか。
当然、光脱毛でも何度も照射するのだから肌に負担がかかります
中には火傷のような感じになり、トラブルに発展する方もいます。
そのような方がどのような措置を受けるかご存じですか?

結局は提携クリニックに連れていかれて、治療を受けることになります。
もちろんエステ脱毛全般悪いということではありません。
医療脱毛もエステ脱毛もメラニン色素に反応して脱毛させていく(医療脱毛なら毛根を破壊する)という方法ですが、肌に負担がかかるというのは同じです。
その時、医療知識がない方が施術するほど怖いことはありません。
もちろん厚生省もそこはわかっていて、

「誰が使ってもあまりトラブルが起きない程度の照射に抑えたマシンを使う」ことで、

許容しているにすぎません。
これを多くの方が知りません。
単に照射パワーが強い、弱いだけで判断している方もいます。
しかし現実には、今日マシンの使い方を習った人でも明日施術できる(実際にそんなことはありませんが)ような許容範囲で施術が行われているのも確かです。
またエステティシャンの中には経験でいろいろ知っている方、知識がきちんとある方も大勢います。
しかし医療知識があって施術しているわけではないというのが気になります。
医療脱毛は医師が常駐しているクリニックで脱毛を行います。
お肌トラブルがあった場合にはすぐ適切な処置や処方が可能であり、アフターケアに対しても安心かつ万全な体制が整っています。
これがクリニックで受けられる医療脱毛の一番安心できる点です。